勘違い

糖質制限(もどき・・・かしら?)をしていると、食後高血糖も起こさず
HbA1cも改善されてきます。

糖尿病は治らない病気と言われています。

私の場合、いつから発症していたのか?
どのくらいの血管ダメージがあるのか?
よく分かりませんが、一年ちょっと前に分かったときから
糖質制限を始めて1年と1カ月。

先月初めのHbA1cの良値を見れば、きっと初見の医師ならば
数値だけでは糖尿病とは思いません。


そして、私も・・・・・・・・嗚呼、勘違い(汗)。


ついつい「もしかして治ったのかしら?」「すい臓が復活?」などと
思ってしまうんですよねー。それでも主食は食べることはありませんが
注意すべきアーモンドの摂取量が、なんとなく、またゆるゆるになっていたり
市販のフライドチキンなどを食べてしまったりして。
いやー、この前は食後90分で血糖値が160オーバーしちゃいました。
気が緩んでいる証拠ですね(ちょっと家事して食後120分は、なんとか121に)。
※気付くの遅いんですが惣菜の揚げ物に使われている衣って
 「加工でん粉」の使用量が多いみたいですね。
 これなら、普通の外食店で「とんかつ」などのほうが安心かなー。

これから年末年始。
どうも、私は自宅にいると、ずっと食べている(笑)。
食べずにいられない(笑)。食べるのが大好き(笑)。

会社にいるときは、必然的に仕事中は食べないので・・・
いやー、年末年始も働きたいくらい(嘘)。

この12月は水泳も行けない日が多かった。
きっと運動量の減少、糖質量摂取の増量が重なって血糖値の高めの
推移となっているんだろうな。単純でシンプルな話かー。

今、わずかな抵抗として「アーモンド→カボチャの種」にシフト中(笑)。
結局食べてて、、あまり意味ないかー。あはは。
[PR]
by sugar-seigen | 2011-12-27 08:19 | 雑感